一般社団法人大和青年会議所

大和JCは20歳から40歳までの メンバーで活動している団体です。 お問い合わせ TEL046-263-2691 FAX046-262-5101

お問合せ・お申込
JavaScriptの画像

最新情報

2019年2月11日
学ぼう!心のバリアフリー 〜障がい者 疑似体験会〜

お申し込みはこちら 2019年2月11日 11:00〜14:00 あ学ぼう!心のバリアフリー 障害者 疑似体験

2019年度理事長紹介

第40代理事長 清水 洋州

はじめに

 企業は自らの永続性を実現し、また持続可能な未来を社会とともに築いていく必要がある。日常的な企業活動の中でその拠点となる地域社会に貢献していかなければならない。

 私が青年会議所に入会した理由がそこにある。

 それは単なるボランティアではなく、地域貢献活動を通じて地域活性化につなげ、地域経済が発展することで結果としてビジネスも繁栄するという広義の利己主義である。その考えは今も変わらない。

 ノブレス・オブリージュ、高貴さは義務を強制する。財産、権力並びに社会的地位の保持には責任を伴うことを指す。元々は特権階級である貴族や王族が負う義務としてこの言葉が使われ、最近では社会の模範としての社会的責任として用いられるが、高貴さは社会的地位の高い者だけが持つものではない。中国で用いられた理想的人格である君子は、学徳が備わり、人民の模範となって指導するものをいい、ヨーロッパで成立した騎士階級の行動・道徳規範である騎士道における紳士淑女は礼儀正しく、気品のある男女を表現する。

 我々は、社会と人間の開発を通じて共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地で青年会議所運動を展開してきた。今から遡ること40年前の1979年11月、この大和においても志高き青年たちにより、自分たち以外には誰も実現できないという激しい使命感をもって青年会議所が創立され、明るい豊かな社会という理想の実現を自らの義務として、志をもって地域のために事を成してきた。

 高貴さは社会的地位を高い者だけが持つものではない。誇り高く高潔な人間性を兼ね備えた者こそが高貴であり、だからこそそれにふさわしい責任と義務が伴うものだと我々は自覚しなければならない。

やまとワールドマーケットバナー ニッポンサイコープロジェクトバナー

©2018 一般社団法人大和青年会議所